血液脂質検査についてご紹介|じぶんからだクラブ【公式】

血液脂質検査

コレステロールってなんですか?

体内にある脂質の一種です。コレステロールは水に溶けないため、血液中では水になじみやすいたんぱく質などと結合して「リポたんぱく」という形をとっています。
コレステロールを調べる項目には「HDLコレステロール」「LDLコレステロール」「総コレステロール」があります。

HDLコレステロールはHDL(高比重リポたんぱく)に含まれるコレステ ロールを測定しています。HDLは全身からコレステロールを回収して 肝臓に戻す働きがあり、動脈硬化の予防に役立つことから善玉コレステロールとも呼ばれています。

HDLコレステロールはHDL(高比重リポたんぱく)に含まれるコレステ ロールを測定しています。HDLは全身からコレステロールを回収して 肝臓に戻す働きがあり、動脈硬化の予防に役立つことから善玉コレステロールとも呼ばれています。

LDLコレステロールはLDL(低比重リポたんぱく)に含まれるコレステロールのことで、LDLはコレステロールを肝臓から全身に運ぶ働きをしています。LDLは多すぎると血管の壁にコレステロールがたまって動脈硬化を促進するため、悪玉コレステロールとも呼ばれています。

総コレステロールはHDLやLDLなどに含まれるコレステロールの総量を測定したものです。

TG(中性脂肪)ってなんですか?

中性脂肪はコレステロールと同様、体内にある脂肪の一種です。食事によって摂取される脂肪のほとんどがこの中性脂肪で、体内ではエネルギー源となります。余分なものは予備用エネルギーとして脂肪組織や肝臓に貯蔵されます。

検査結果について

過去には高脂血症という病名で、総コレステロール値が診断や脂質管理の基準に使用されていましたが、現在では脂質異常症という病名になり、LDLコレステロール、HDLコレステロール、中性脂肪のどれか1つでも異常値になることが診断や脂質管理の基準になりました。
コレステロールの数値をみれば脂質異常症かどうかは診断できますが、動脈硬化の程度や合併症のリスクはわかりません。動脈硬化の危険因子には加齢、高血圧、喫煙などの因子があり、多いほど動脈硬化は進みやすく冠動脈疾患(心筋梗塞など)のリスクも高まることがわかっています。

この数値が低い/高いと?

  • 総コレステロール・LDLコレステロール・中性脂肪

    • 低値

      肝硬変など

    • 高値

      脂質異常症、動脈硬化症など

  • HDLコレステロール

    • 低値

      脂質異常症、動脈硬化症など

    • 高値

      問題なし

〈 知っておきたい疾患 〉
脂質異常症

脂質異常症はLDLコレステロール、HDLコレステロール、中性脂肪の数値が基準値から外れている状態を指すもので、患者さんに自覚症状はほとんどありません。しかし、放置すると全身の血管の動脈硬化が徐々に進み、心筋梗塞や脳梗塞などの重大な合併症があらわれます。

【予防・改善法】
  1. 1.食事の量を適切に

    • エネルギー量を適正にしましょう。
      標準体重×25~30(kcal)
      [標準体重(kg)=身長(m)×身長(m)×22]
    • コレステロールを多く含む食品(玉子、魚卵など)を控えましょう。
    • 海藻やきのこ類など食物繊維を多く含む食品を積極的に食べましょう。
  2. 2.運動の習慣を

    • 1日に30~60分の有酸素運動を週3回以上行いましょう。
  3. 3.禁煙する

    • たばこの煙に含まれる成分には、血管を収縮させ血圧を上げる作用があります。
    • 血圧が上がると血管が徐々に傷つき動脈硬化を促進します。
【こんな人は注意!】
血圧が高い
血糖値が高い
肥満がある
たばこを吸う
心筋梗塞・狭心症の家族歴がある
  • 関連サプリメント
    イコサペント酸エチル(EPA)、ドコサヘキサエン酸(DHA)、ナットウキナーゼ、植物ステロール、トコトリエノール、ニンニク、キトサン、グーグルなど
  • 関連市販薬
    イコサペント酸エチル(EPA)、リボフラビン酪酸エステル、パンテチン、大豆油不けん化物など

※ 関連サプリメント/関連市販薬について
薬を服用中の方、通院中の方、妊娠中の方、授乳中の方は、薬剤師または主治医にご相談ください。