腎臓に関する血液検査についてご紹介|じぶんからだクラブ【公式】

肝臓に関する検査

ALP、AST、ALT、γ(ガンマ)-GTPってなんですか?

ALPとは
肝臓内の胆管でつくられる酵素です。胆汁中に排泄されるため、胆道のどこかに異常があると胆汁がうまく流れなくなり血液中に増え、数値が高くなります。また、ALPは骨や腸にも存在するので、これらに異常がある時にも数値は高くなります。
AST、ALTとは
AST(GOT)、ALT(GPT)は肝臓の細胞の中にある酵素で、肝臓の細胞が壊れると血液中に漏れ出てくるため、肝機能の指標として最も一般的に検査されています。
γ(ガンマ)-GTPとは
肝臓内の胆管でつくられる酵素です。解毒に関与しており飲酒による影響を受けるため、アルコール性肝障害では高値になることが知られています。また、胆汁の流れが悪くなっても高値になるので、胆汁の流れる経路の異常を調べる指標でもあります。

総ビリルビンってなんですか?

リルビンは赤血球の中のヘモグロビンが代謝されたものです。古くなった赤血球は脾臓などで壊され、ヘモグロビンは間接ビリルビンに変えられ肝臓に集められます。間接ビリルビンは肝臓でたんぱく質と結合し、直接ビリルビンに変えられます。総ビリルビンは間接ビリルビンと直接ビリルビンを合わせたもので、通常、その比は1対1です。
肝臓の細胞が壊れたり、胆管が詰まったりすると数値が高くなります

検査結果について

肝臓の異常を見つけるには、血液による肝機能検査が基本となります。酵素やたんぱく質が血液中にどれだけ含まれているか測定することで、間接的に肝機能を調べています。
肝臓の病気の原因は、アルコール肝炎ウイルスが多くを占めますが、食べ過ぎや運動不足による脂肪肝、薬剤の副作用による肝炎などもあります。

この数値が低い/高いと?

  • AST(GOT)

    • 高値

      肝臓内の胆汁うっ滞、胆道閉塞症、アルコール性肝硬変など

  • ALT(GPT)

    • 高値

      肝炎、脂肪肝など

  • γ(ガンマ)-GTP

    • 低値

      アルコール性肝障害、NASH(非アルコール性脂肪肝炎)、胆道閉塞症など

  • 総ビリルビン

    • 低値

      小球性低色素性貧血など

    • 高値

      黄疸、肝炎、肝硬変など

〈 知っておきたい疾患 〉
アルコール性肝障害

長期にわたる飲酒により肝機能が低下する疾患です。アルコールが直接肝臓に作用することで肝臓の機能が低下します。アルコール性肝障害の発生は、アルコールの摂取量(飲酒量)が多くなるほど高くなります。

「沈黙の臓器」だからこそ、検査は大切

肝臓は右上腹部を占める臓器で、「沈黙の臓器」とも呼ばれています。肝蔵は機能がかなり低下しないと症状があらわれず、病気の発見が遅くなりがちなためです。肝臓病の多くは血液検査がきっかけで見つかることが多いので、血液検査による肝機能検査が病気発見の基本となります。

【こんな人は注意!】
ほぼ毎日お酒を飲む(休肝日がほとんどない)
肥満、糖尿病がある
肝炎ウイルスに感染している
身内に肝臓病が多い
  • 関連サプリメント
    アミノ酸、ウコン、セサミン、マリアアザミ、卵黄コリンなど
  • 関連市販薬
    タウリン(胆汁分泌促進作用)、グルクロン酸(高ビリルビン血症〔閉塞性黄疸を除く〕における肝機能の改善)など

※ 関連サプリメント/関連市販薬について
薬を服用中の方、通院中の方、妊娠中の方、授乳中の方は、薬剤師または主治医にご相談ください。